主人がうつ病かもしれない!診断後に発覚した事実と治療

MENU

精神疾患

厚労省が行った調査の報告書による所、有病率が6.5%とされ生涯を通じて罹る可能性が十五人に一人と言われるうつ病とは、年々更にその数を増やして増加の一途を辿っているとも言われる国民病になりつつ有る精神疾患の一つに挙げられ、症状の現れ方によっては個人での診断も難しい事から適切な治療に繋がっていない事も多く、国内罹患者数は推計で100万人を超しているともされる誰の身近にも起こる病気と考えられており、男性の方に比べ女性の方の方が二倍近く多いとされる病気でも有ります。
症状は心の風邪と言われる位なので精神面に現れる事は勿論の事、知らない方も多いですが体にも不具合を起こすとされ、体の不具合に人は気付きやすい事からうつ病と診断しずらく症状を悪化させてしまう事にもなり、これを仮面うつと言い、心の不具合が体の不具合に隠れてしまい発見を遅らせてしまう原因にもなっており、本症は自然治癒する事は無いとされるので発見が遅れる事は比例して治療期間を長期的なものにしてしまうと考えられています。
心の不具合として代表的な症状が抑鬱状態や意欲あるいは関心の低下、注意散漫や集中困難等の思考力の低下を挙げる事ができ、理由も無く気持ちが落ち込んだり悲しいや罪悪感を感じる等の状態が続いてしまうので日常の生活を苦痛と感じるとされます。
体に起こる症状としては、代表的なものがある訳ではなく単一症状としては起こらず複数が重なり現れるとされ、睡眠障害が現れる事や食欲の不信あるいは反対に過食となり体重の急激な増加を伴う事も有り、一日の始まりから体が怠いと感じてしまう倦怠感や疲労感、男女問わずホルモン分泌に影響を及ぼし月経不順やED等が起きるともされ、他にも頭痛や便秘等の症状も起こるとと考えられ、様々な事が体に起こるので患者の話に基づいてうつ病と診断する事は難しく場合によっては原因不明とされてしまう事も有ります。
どちらの症状も挙げた事以外にも有るとされ同時に起こる事は耐え難い苦痛ともなるので早期治療を行う為にも出来る限り起こる症状を的確に医師に伝える事が大切になります。